丸に木瓜

家紋・丸に木瓜の素材。高精細フリー画像

かつては公家社会の中で伝統的に用いられてきた意匠であり、後に子孫繁栄を意味する家紋として、幅広く人気を博した丸に木瓜紋。その由来や意味をご紹介。家系やルーツを探るヒントに

丸に木瓜紋は木瓜紋(もっこうもん)、または広い意味で瓜紋(かもん、うりもん)の一種で、由来についてはその字の如く、ウリ科の植物と関連があるように思われがちであり、実際にウリを輪切りにしたその断面を図案化したものとの説もあるが、定説では無いようで、諸説が語られています。

この木瓜紋の図案自体は、家紋として用いられる以前から、公家社会の中で、伝統的に用いられてきた意匠であり、屋内や外の区切りとして用いられた簾の縁飾りの織り模様として描かれていたそうです。

この文様自体は、?(穴かんむりに果)文(かもん)と呼ばれていたそうで、さらに簾の織り模様が描かれていた部分を帽額(もこう)と呼んだことから、後にこの模様が家紋として一般的に用いられた時に、その音から転じたとする説も有力です。

家紋として用いられるようになってからは、古くからのお馴染みの文様である事から公家衆はもちろん、この図案の文様が卵のある鳥の巣を俯瞰で見た様子に見える事から、子孫繁栄を意味すると解釈されたため、家紋として氏族を問わず、幅広く人気を博したようです。

現代においても非常に広範囲に分布し、藤・桐・片喰・鷹の羽に並ぶ、五大紋の一つとして分類され、さらに数あるその木瓜紋属の中でも、この項で取り上げた丸に木瓜紋は特に多くの家で使用されているようです。

日本文化が誇る、伝統的な文様であることから、上流階級である公家階級から用いられ始め、家紋が一般階級に広がってからも、最も普及した種類の家紋の一つとも言えるので、木瓜紋という手がかりだけでは、一族のルーツを探るのは難しいかもしれませんね。

本記事の「丸に木瓜」は、見た通り「木瓜」の家紋を丸で囲ってあるだけのものです。しかし一体、この"元となる家紋を丸で囲う"という措置には、一体どういった意味があるのでしょうか?

かつては、「本家」に対する「分家」や「主人」に対する「家来」などに、家紋の相続や贈与を行うというケースが、頻繁に発生し、その際、オリジナルの家紋に対して何らかの要素を加減する事によって、変形を加えるという行為は、長い家紋の歴史の中ではよく行われてきた事でした。

「主人」なり「本家」なりといった、元の使用者をはばかっての事です。

このような「変形」は、「丸形」や「方形」を加えるといった単純な変形ばかりではなく、さまざまなバリエーションが誕生しました。複雑なものでは、「五瓜」「」「熨斗輪」「」「藤輪」など、"家紋同士の組み合わせ"とも言える変形も見られるようになります。

そんな中でも、丸に木瓜に代表される図案の外側に「丸い囲いを付け加える」という変形は、最も簡単でよく取られた手段とされています。分家の際に、本家から相続する家紋を丸で囲うだけで、「違い」と「関連性」を同時に示せる手軽さが定番となった理由のようです。

その手軽さが故にこの丸に木瓜紋は、オリジナルに劣らない高い普及率を誇る人気家紋となったのです。

以上が丸に木瓜紋の解説でした。その他の家紋の一覧ページは↓こちらから。

「この画像のデータがほしいよ」という方は、下にあるダウンロードリンクから本家紋のベクターデータをフリーでダウンロードしていただけますが、EPS・PDFの意味がよくわからない方は、ページ上部の画像を(これでも100万画素の高画質画像です。)ご自由にお持ちいただいて構いませんよ。

「丸に木瓜」のベクターフリー素材のアウトライン画像

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ
hakko_satou公式ツイッターアカウントのプロフィールページへ