五三の桐

家紋・五三の桐の素材。高精細フリー画像

家紋・五三の桐は、今でこそ希少性の乏しいありふれた家紋として扱われますが、実はその意味や成り立ちの由来を考えれば、日本史上で最も由緒ある家紋と言っても過言ではありません。今回はそんな五三の桐を、その時代背景も含めて徹底解説してみたいと思います。

家紋・五三桐は、[桐下駄]や[桐タンス]の素材として有名な木材・"桐"をモチーフにした植物紋の一種です。"紋付き"の貸し衣装や、調度品などのサンプルに用いられるなど、現代でも比較的目にする機会の多い家紋の一つです。

紋付羽織袴の衣装。胸には定番の「五三桐」の紋が入っている。

そのため、人名で言うところの"太郎"や"花子"のように[五三桐]は"定番の家紋"として、その地位を確立しているといえるでしょう。しかし、そんな五三桐は、かつて皇室専用の文様・紋章として使用されていたという事実をご存知でしょうか?

今回は、そんな由緒正しい家紋・五三桐が、現代の[菊の御紋]のような"やんごとなき"紋章ではなく、一般に馴染みが深い家紋となったのは何故なのか?についても時代背景と共に詳しく見ていきたいと思います。

※家紋・五三桐のベクターフリー素材をお探し方へ。[EPS][PDF]ファイルのダウンロードリンクはページの最後にあります。

格式の高い紋章となった由来は?

前述のとおり桐紋は、かつては皇室専用の文様や紋章として用いられ、最上級の格式を誇っていた存在でした。それではこの桐紋には、どのような謂れがあって、皇室に専ら用いられる程の格式の高い文様・紋章として認知されるようになったのでしょうか。

それは、桐にまつわる古代中国の思想や伝統文化に、強い影響を受けたことが大きな要因として挙げらます。

古代中国の瑞獣思想に関連あり。

古代中国の思想には、"瑞獣"(ずいじゅう)という概念があり、"瑞獣"とは種別ごとに動物を束ねるとされる長達の中でも、何らかの瑞兆(ずいちょう=吉兆・良い兆しのこと。)として、人間の前に姿を現すとされた、架空の動物のことです。

そんな瑞獣のうち、[鳳凰]は霊泉(甘い泉)のみを飲み、120年に一度だけ結実するとされる[竹]の実のみを食料とし、[梧桐](アオギリ)の木にのみ止まるとされることから、桐の木に縁の深い瑞獣とされます。

古代中国の瑞鳥[鳳凰]。桐を唯一の止まり木とする。その伝承は「五三桐」の由来に大いにかかわる。

その鳳凰の出現が意味する瑞兆は「徳の高い王者による平安な治世、または優れた知性を持つ人物の誕生を告げる」です。転じて春秋時代の[論語]などには「聖天子の出現を待ってこの世に現れる」瑞鳥とあります。

中国の縁起の良い伝承にあやかってのもの。

このように鳳凰は、もし出現すれば「自らは徳の高い王者でその治世は平安が約束されるもの」として、その止まり木とされる梧桐の木は、中国および中華圏の支配者層にポジティブな印象を抱かせたと言います。

このような思想や文化が、古代の日本にも伝来し、桐の木や桐紋が神聖視され、やがて皇室の文様として取り入れられる要因となったのですが、なぜ中国の思想や伝統文化に由来するものが、日本において最上級の格式をもって受け入れられたのでしょうか。

なぜ中国の思想や文化が日本に強い影響を与えたのか?

古墳時代〜奈良時代の日本は、遣隋使・遣唐使のもたらす成果によって、国家の仕組みから、技術・文化に至るまで、隋・唐から様々なものを貪欲に吸収していた時代です。

[改新の詔=かいしんのみことのり]の発布に基づく政治改革・"大化の改新"を端緒として、中国・唐をモデルに、[律][令]を基本とした中央集権体制を整えたことなどは、その顕著な一例です。

また技術の分野でも、古代中国では青銅器の生産が紀元前3000年頃には開始されていましたが、日本では紀元前100〜200年頃に、朝鮮半島の技術者を招いた事で、ようやく開始されました。そのため日本における技術力は、後発の技術である鉄器の伝来が、青銅器の伝来とほぼ同時期になってしまうほど遅れていました。

これらの背景を考えてみれば、かつての日本にとって古代の中国が、いかに強大であったかは想像に難くありません。

それゆえ、中国の皇帝もありがたがった瑞獣思想は、中国に対する強烈な憧れを持っていた、当時の皇族や貴族に抵抗なく受け入れられ、日本においても桐文は皇族が用いるにふさわしい格式を持った文様であるという説得力を持つことが出来たのです。

五三桐の由来は[桐の木]だけど[キリの木]じゃない!?

五三桐のデザインは、その名の通り桐の葉や花がモチーフとなっています。しかし一口に桐と言っても、その名のつく植物は複数あって、実は結構ややこしかったりするのでここで触れておきます。

混同されがちなので、きちんと整理してみると…。

日本で一般的に[桐]と目される植物は、[会津桐]や[南部桐]で知られた特産の高級木材で、タンスや下駄などの材料として用いられる、[シソ目キリ科(以前はゴマノハグサ科)]に分類される[キリ]のことをいいます。"桐たんす"でお馴染みですね。まっすぐ伸びた花序に紫の花を咲かせるのが特徴です。

キリの木。日本で主に桐といえばこの種。家紋「五三桐」のモチーフになったといわれる。

一方、[アオギリ(梧桐)]とよばれる中国南部・台湾・沖縄を原産とする[アオイ目アオギリ科]の落葉樹は、奈良時代に伝来したとされ、比較的緯度の低い太平洋側の半島・四国・九州などで根付きました。小ぶりの黄色い花を咲かせる本種を、街路樹や公園樹として目にしますね。

アオギリの木。古代中国では桐といえばこちら。「五三桐」の由来となった鳳凰伝説のモデルの木でもある。

他にも桐と名のつく植物はいくつかありますが、今回取り上げた、この[キリ]と[アオギリ]は、葉の形が似ているだけで、上記の通り分類が全く別の植物となります。桐紋は"桐"の葉や花をモチーフとした家紋で、デザインのモチーフとなったのは[キリ]とされているのですが…。

これの何が問題かというと…。

日本とは違い、中国では通常"桐"とは[アオギリ]のことを指します。アオギリは古代中国の人々にとって、生活や文化に深く根ざした植物の一つです。その開花や黄葉を季節の移ろいのシグナルとしたし、大小さまざまな言い伝えの題材となっています。

この中国で発祥した桐にまつわる諸文化は日本にも伝来するのですが、先述の鳳凰伝説はもちろんアオギリにまつわるエピソードです。しかし、五三桐のデザインのモチーフはキリ…。

ここで"由来"と"デザインの元"に食い違いが生じてしまっています。デザインのモチーフも"由来"と同じくアオギリであった事実を我々が見落としているか、昔の人々が"由来"となったアオギリをキリと取り違えているか、どちらかではないでしょうか。

確証はないのですが…。

平安時代のある女流作家の著作に次のような意味の記述があります。「桐の花の紫色の咲き振りは風情があって、さすが唐の地で鳳凰の止まり木とされるだけはある」(※画像にあるように紫の花が咲くのは[キリ]のほう。)

五三桐や他の桐紋のデザインを見ていると、どうもアオギリには見えないという事からも、どうやらキリとアオギリを取り違えている可能性のほうが高そうです。

五三桐はどのように皇室の紋章となったのか?

さて、それでは"桐"の文様が実際に皇室専用の紋章となっていくのは、どのような流れだったのかを見ていきましょう。

日本が、概ね単一国家として成立する有史以前から、種々の大陸文化や技術は日本に伝来していましたが、同様に、現代の和文様や紋章の元とも言える"有職文様"の、さらに元となった大陸由来の文様も、服飾・調度品・建築の様式などの形で、さまざまなものが伝えられていました。

おそらく、そのような流れでこの桐の文様も、先述の思想とともに日本に伝わったのでしょう。しかし当初の桐の文様は、現代の桐紋のような、桐"単体"の形で存在した訳では無いようです。

指導者のシンボル"桐竹鳳凰"の文様。

これも先に触れたように、鳳凰の瑞獣思想には、[桐]の他に[鳳凰]自身と[竹]も要素として含まれます。そのため当初は、それらの要素がセットになった文様である[桐竹鳳凰=きりたけほうおう]文が使用されました。

桐竹鳳凰文の一例。このうち桐紋を皇室の紋章とするが、当初の桐紋は見ての通り「五三桐」となっている。

この文様を皇室が専ら用いるようになったきっかけは、平安時代初期の西暦820年に、当時の嵯峨天皇の詔勅により、天皇の正装が[黄櫨染御袍=こうろぜんのごほう]に定められた事で、この装束に用いる文様が"桐竹鳳凰"文であったことからと言われています。

ちなみにこの伝統は現在も続いており、天皇の即位の礼の装束は、この黄櫨に染めた袍(ほう=上着)に、"桐竹鳳凰"と"麒麟"の文様が入ったものが用いられています。

日本国天皇の専用の束帯装束である[黄櫨染御袍]。その装飾には桐竹鳳凰文が用いられ、この装束が天皇の正装と定められた事が、「五三の桐」を含む」桐紋が皇室の紋章となる端緒となった。

五三桐と皇室の関係。

この西暦820年の詔勅を契機に、当時の人々が「天皇の正装に用いる文様を、臣下が使用するのは不適切である」との判断を下しても何ら不思議ではないことから、この時点で桐竹鳳凰文は、実質的に皇室専用の文様になったと考えて良いと思います。

その後、徐々に天皇の身の回りの調度品などは、桐の文様をあしらったものになっていきます。天皇家の象徴とするに相応しいと考えられたのは、[竹]でも[鳳凰]でもなく[桐]であったのは、[桐]を用い続けることは「鳳凰(瑞兆)がとどまり続ける」に通じるという意味合いがあるのかもしれませんね。

皇室が用いた桐紋は、桐竹鳳凰文に描かれている通り、当初は"五三桐"でしたが、のちにより優雅な印象を与える紋として、花序の花の配置が[5-7-5]となる、ゴージャスな"五七桐"が作成され、最終的にはそちらの方をより上位格の紋章としたようです。

現代においても、皇室の紋章としてお馴染みである、あの"菊の御紋"と比較しても、紋に込められた意味や成立の経緯、その歴史の長さを鑑みれば、桐紋のほうが確かな"謂われ"を有していると言えるのではないでしょうか。

また国政委任の象徴として"足利将軍家"や"豊臣秀吉"など、歴史上の為政者に使用され、現在では日本国政府を象徴する紋章としても使用される五七桐のルーツであることを考えれば、五三桐は数ある家紋の中で、最も由緒のあるものと言っても良いかもしれません。

現在では「五三桐」の上位に位置付けられる「五七桐」。時期は判然としないが、後の時代に作られたものだという。

天皇の紋章は菊の御紋の印象が強いけれど…。

皇室における[菊の御紋]の歴史は案外に浅く、[承久(じょうきゅう)の乱]を引き起こしたことで歴史に名を残した[後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)]が13世紀前後ごろに衣服や調度品の文様に菊花紋を用い始めたことが始まりでした。

後鳥羽上皇は、菊と日本刀が殊のほかお気に入りで、お抱えの刀工に打たせた刀に、自ら焼刃を入れては、タガネで菊紋を彫り込んだというエピソードが残っています。

自らの印として用いるほど菊紋を愛した上皇に倣って、後継の天皇にも自らを表す紋章として取り入れられた事から、徐々に菊の御紋として定着していきましたが、桐紋が事実上、皇室専用の文様となった嵯峨天皇の治世は7世紀初頭ですから、実は菊紋よりも400年近く伝統が長かったりします。

皇室の紋章から一般に浸透していく端緒となったのは?

このように長らく天皇家の公の紋章となっていた桐紋ですが、後醍醐天皇により足利尊氏に下賜が行われたことから、皇族以外の者が表立って桐の紋章を使用出来る前例が生まれました。

鎌倉幕府の滅亡は、承久の乱以来の朝廷の悲願だったのか?

後醍醐天皇は、武家政権(鎌倉幕府)を打倒し、天皇親政(天皇が直接政治を行うこと)を実現させたことで有名な人物ですが、その倒幕の勲功第一とされたのが足利尊氏で、従三位の官位と、29箇所に及ぶ領国経営権、天皇の諱(いみな=本名)「"尊"治」の偏諱(へんき=貴人の名の一文字を授かる)などとともに、桐紋の下賜も行われたのです。

尊氏個人にとっては破格の恩賞といえるでしょう。この時点での、天皇の諱の一字拝領と専用紋の使用許可は前代未聞です。鎌倉政権が体制を整えて以降、再び朝廷に政治の実権が戻ってくることは、それ程の絵空事だったと言えたのでしょう。

しかし後醍醐帝の建武の新政は、発足後まもなく崩壊。朝廷は南北に分裂し、尊氏は室町幕府を開府するなど事態は大きく動きます。ここで、後醍醐帝より拝領した桐紋は、足利宗家(尊氏)の覇業に付き従い、室町政権下でも影響力の強かった、足利一門衆(分家)である吉良氏・今川氏・細川氏・斯波氏・一色氏などの諸氏にも分け与えられます

後醍醐天皇より、桐紋を下賜された足利氏とその一門衆の家系図。

足利宗家と足利一門衆の定紋は、あくまで[引き両]紋の系統なので、桐紋の使用頻度は高いとはいえませんが、徐々に臣民籍階級(皇族ではない全ての日本人)に浸透していく橋頭堡となったのは間違いありません。

桐紋の足利将軍家によるさらなる賜与。

足利将軍家による桐紋の下賜は末代に至っても断続的に行われました。その格の高さはもちろん、足利氏がそれを賜ったいきさつも相まって、桐紋は室町大名たちの羨望の的でした。

具体的には、12代義晴は大友氏・朽木氏などに、13代義輝は三好氏・松永氏・武田氏・上杉氏などに、14代義昭は織田信長・細川藤孝などに、それぞれ桐紋の賜与を行っています。なお織田信長は14代義昭の他に、13代義輝にも桐紋を賜ったとする説もあります。(義輝の件は父信秀ともいわれますが)

これらの大名家からさらにその家臣にも賜与が行われたケースも少なくはありません。このように桐紋は、時代を経るごとに武家社会へ浸透していきます。

豊臣秀吉の"大盤振る舞い"。

室町幕府が滅亡し、織田信長が本能寺で討たれると、次に豊臣秀吉の治世が訪れます。信長の死後、秀吉が、後継に名乗りを上げた有力者たちとの権力闘争を勝ち抜く最中、関白就任・豊臣への改姓と太政大臣への任官を経る中で、後陽成天皇より"桐紋"と"菊紋"の下賜が行われたといいます。

桐紋を正式に使用する権利を得た秀吉は、まず自らの衣服や調度にとどまらず、城建物の外装にまで桐紋を用い始めます。

また、自らの所有物に限らず、秀吉によって造営・再建された寺社の装飾、また"天正長大判"や"大仏大判"といった秀吉期の貨幣など、人目に触れるところ、言わば公的なものにも惜しみなく桐紋を使用しました。

さらには自らの配下武将に、"豊臣"や"羽柴"の氏姓と共に、"五七"や"五三"を始めとした、様々な桐紋を下賜し始めます。

具体的には、前田・伊達・山内などの各家に五七桐を、森・仙石・脇坂などの各家には五三桐を、それぞれ与えることで配下の人心を収濫しようとするなど、政治的にも大いに利用しようとしました。

広がりすぎた桐紋。

しかしその後、秀吉から桐紋を賜った諸侯により、各々の配下に桐紋を褒美として授けるというケースが頻発したといいます。果ては借用・盗用など、勝手に使用する者まで現れる始末で、天正19年、ついに秀吉は[菊桐禁止令]を出し、無断使用を禁ずることによってこれに対処しました。

また、これら公私にわたる桐紋の"大盤振る舞い"がたたってか、既存の桐紋の価値に、著しい低下が認められました。そこで秀吉は、自身のみの使用を目的として[太閤桐]というオリジナルの桐紋を新たに作成したと言います。

これらの経緯を経て桐紋は、有力武士などの特権階級にとどまらず、中流階級や一般市民にとっても身近な紋章へと変貌を遂げていきます。

庶民へ普及していく経緯。

徳川家康が、征夷大将軍となって国家権力を掌握した際、朝廷は足利氏・豊臣氏の前例に倣って"菊"紋と"桐"紋の贈与を打診しましたが、家康は[伝家の葵の御紋]の存在を理由に、はっきりとこれを辞退したといいます。(ただし隠居後は個人的に使用したとのこと)

徳川政権下での扱い。

徳川家としては、"豊臣政権"のイメージが染み付いてしまった感のある桐紋を、"徳川政権"として使用する事に、不都合があったのかもしれません。いずれにせよ、桐紋を遠慮した上で、葵紋を前面に押し出したことは、葵紋の格式を高める結果に一役を買いました。

徳川将軍家を象徴する紋章である[葵の御紋]は、たとえ徳川一門であっても、一部の家系しか使用の出来ない厳しい制限を設けます。将軍家の権威の上昇の一翼を担う施策というわけです。

江戸幕府並びに将軍家の象徴である葵の御紋。桐紋は幕府によって公に用いられることはなかったという。

対照的に、贈与を断った朝廷由来の権威の象徴である"菊"紋と"桐"紋は、特に制限はかけられませんでした。朝廷の権威を大いに利用した豊臣家とは対照的に、朝廷と距離を置くばかりか、専用の法令まで定めて自らの管理下に置こうとした徳川将軍家らしい判断と言えるかもしれません。

こうなっては、高い格式と権威を誇る(菊紋と)桐紋を、使用しない手はないと考える者も、決して少なくはなかった事でしょう。江戸時代後半に幕府が編修した[寛政重修諸家譜=かんせいちょうしゅうしょかふ]によると、侍や武家では幕府の家臣や大名家含めて473もの家による使用が確認できます。

江戸時代の家紋文化の発展と桐紋

江戸時代までの家紋は、支配階級や名門家系に特有の文化と言って良い存在でしたが、この時代に用いられた厳格な身分制度により、士族階級以外に名字の公称が認められなかったため、家の識別に利用され始めた影響で、庶民の間に急速に普及していきます。

粋な男女の"洒落紋"である比翼紋や、力士や役者に代表される屋号紋など、江戸時代の身分制度の中で、比較的身分の低かった遊女や役者などでも自由に家紋を決めて使用していました。

そのような背景の中、桐紋は庶民層にも大きな広がりを見せます。太閤秀吉やその配下の中でも有力大名家が使用するなど、敷居の高いイメージの五七の桐よりは、格式がありながらも、貨幣にも用いられるなど、より身近な存在であった五三桐は、特に庶民の人気が高かったようです。

自家の紋章としてはもちろん、商家の屋号紋や工芸品の模様など、あらゆるところに気軽に用いられる事によって、五三桐紋は一般庶民にとって一層身近なものとなりました。

この時代には、五三桐の家紋を使用する家の多さから、紋付きの服の貸し借りが出来るほどメジャーな存在となっていったようです。このようにして、五三桐は、最も一般人に馴染みの深い家紋の一つとして現代に伝わったのです。

近代から現代における桐紋。

江戸時代の末期には欧米列強の軍事・経済的圧力により、大政(国政)を担うべき幕府の施策は迷走し、その権威は大きく失墜します。そこで開明派の諸勢力は連合して天皇を担ぎ上げ、新政府を樹立しました。新政府主導の"御一新"(明治維新)により、ついに日本は近代化を迎えます。

近年起こった最も大きな国家体制の転換の中での桐紋。

しかし、新たに誕生した明治政府は、立場も地域もバラバラの"寄り合い所帯"な上に、戊辰戦争の真っ只中という非常に不安定な状態で始動することを余儀なくされ、そしてその懸念は早くも表面化してしまいます。

公家と武家、さらに地域によって、日本における従来の正礼装は形・色・柄のすべてにおいて不揃いで、いざ大きな国事が催されると、そのあまりの統一感のなさに国内外において、大いに面目を失したと言います。

これは政府のみならず、民族そのものの文化的な"格"が問われる問題でもありました。そこで政府は、諸外国に開けた新たな日本国にふさわしい、格調高い正礼装を含む、日本国公式の統一された服制を整えるべく、西洋式の装いに範を求めました。

現在の正礼装である"燕尾服"や"モーニング"を準礼・略礼装扱いとして取り入れ、その上の正礼装に、西洋でも当時、最上級の装いであった宮廷制服を模した[大礼服]が定められるのですが、この最上級の礼装にあしらうべく、日本政府を象徴する文様として選ばれたのが、この桐紋だったのです。

明治から戦前まで存在した官吏の等級・奏任官用の大礼服。袖や後襟、背中に「五三桐」があしらわれる。

幕藩体制からの大転換を図った、天皇を君主とする新体制の発足を印象づける意味でも、これまで"国政執行"の象徴として十分な"実績"を挙げてきた桐紋を、明治新政府の紋章とするのは、さまざまな状況を鑑みても、ごく自然な判断だったのかもしれません。

現代においても権威の名残を感じる五三桐。

これ以外にも桐紋は、あくまで慣例的とはいえ、実質的に明治以降の日本国政府の象徴として、あらゆる場面で用いられ、その役割を果すことになります。

例えば、明治初期に制定された勲章制度などは、そのうちの"旭日章"の各等級のデザインの一部、または全てに桐紋が用いられました。その後、統廃合された現行制度でも、旭日章のほか、新たな分類として桐花章が定められ、桐のデザインが引き続いて用いられています。

日本における勲章制度に定められた勲章の一つ、旭日章のデザインにも「五三桐」が用いられる。

また今日では、法制全般を司り、発足当初は強力な検察権力を始め、警察権や裁判権まで保有した強大な官僚組織(内務省ほどではないが)であった、現在でいう法務省は、その象徴として五三桐を使用する唯一の省庁として知られています。

そのため、法務省の管轄下に置かれる司法書士や検察事務官のバッジにも同じく五三桐が用いられています。

さらに、かつては宮内省に設置され、皇室及び皇族、並びに皇居・各御所の護衛や警護を司り、現在では警察庁の管轄である[皇宮警察本部]の紋章も、明治初期からの慣例により、現在も五三桐となっています。

そして五三桐は、筑波大学の校章にも使用されている事が知られていますが、これは日本初の"教員養成機関"として発足した、前身の[東京高等師範学校]に、明治天皇より下賜が行われた事に由来するそうです。

このように、現代においても公的機関や由緒ある組織のマークや紋章に、桐紋が引き続いて用いられているケースは多数ありますが、五三桐だけをとってみても、これだけの例があるのです。

五三桐は、高い格式と一般性を併せ持つ稀有な存在。

その一方で、江戸時代に一般庶民の間に広く普及した五三桐は、明治政府により厳しく使用が制限された菊の御紋とは違い、江戸時代に引き続いて自由に使用が認められた事から、現代においても広く個人の使用が見られます。

これまで見てきたように、家紋・五三桐は、最上クラスとも言える由緒を備えていながら、希少性は皆無で、家紋そのものの代名詞ともされる程の一般性も同時に持ち合わせるという、なんとも不思議な家紋であると言えるのです。

以上が家紋・五三桐の解説でした。その他の家紋の一覧ページは↓こちらから。

家紋・五三桐のフリー画像素材について

[家紋素材の発光大王堂]は、家紋のepsフリー素材サイトです。以下のリンクからデータをダウンロードして頂けます。家紋のフリー画像を探しているけど、EPS・PDFの意味がよくわからない方は、ページ上部の画像をダウロードしてご利用下さい。背景透過で100万画素程度の画質はあります。

「五三桐」のベクターフリー素材のアウトライン画像

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ