五三の桐

家紋・五三の桐の素材。高精細フリー画像

家紋[五三の桐]紋は、かつて菊紋と共に皇室が使用した由緒ある紋章です。そんな五三の桐紋、そこにはどんな意味や由来があるのか?それを今回は、様々な角度から徹底的に解説。あなたの家系やルーツを辿る手がかりとなるかも。

[五三の桐](ごさんのきり)紋はかつて皇室が専ら使用した[桐]紋に分類される紋章です。そんな由緒のある五三の桐ですが、普段家紋に馴染みのない皆さんも、一度はどこかで目にした事があるのではないでしょうか。

紋付きの貸し衣装や、紋入りの調度品等のサンプルに用いられる事が多いですね。そのため、名前で言う[太郎]や[花子]のように[定番の家紋]としての地位を確立しているといえるでしょう。

紋付羽織袴の衣装。胸には定番の五三桐紋が入れられている。

かつては皇室専用の文様として使用された五三の桐紋が、現代の菊の御紋のような"やんごとなき"紋章ではなく、一般に馴染みが深い家紋となったのは何故なのでしょうか?この記事では、その辺りも含めて五三の桐紋の意味や由来・歴史などを解説していきます。

※五三桐紋のベクターフリー素材をお探し方へ。[EPS][PDF]ファイルのダウンロードリンクはページの最後にあります。

それほど格式の高い紋章となった由来は?

前述のとおり桐紋は、かつては皇室専用の文様や紋章として用いられ、最上級の格式を誇っていた存在でした。それではこの桐紋には、どのような謂れがあって、皇室に専ら用いられる程の格式の高い文様・紋章として認知されるようになったのでしょうか?

古代中国の瑞獣思想に関連あり

古代中国の思想には"瑞獣"(ずいじゅう)という概念があり、"瑞獣"とは動物たちを束ねる頭領とされたものの中でも、特別な4つの霊獣(四霊といい、鳳凰・麒麟・応竜・霊亀のこと)を含む、何らかの瑞兆(ずいちょう=吉兆・良い兆しのこと。)として人間たちの前に姿を現すとされた架空の動物たちのことです。

このうち[鳳凰]は霊泉(甘い泉)のみを飲み、60年から120年に一度だけ結実するとされる竹の実のみを食料とし、梧桐(アオギリ)の木にのみ止まるとされることから、桐の木に縁の深い瑞獣とされます。

古代中国の瑞鳥[鳳凰]。その伝承は五三の桐紋の由来に大いにかかわる。

その鳳凰の出現が意味する瑞兆は「徳の高い王者による平安な治世、または優れた知性を持つ人物の誕生を告げる」です。転じて春秋時代の[論語]などには「聖天子の出現を待ってこの世に現れる」瑞鳥とあります。

中国の縁起の良い伝承にあやかってのもの

このように鳳凰は、もし出現すれば「自らは徳の高い王者でその治世は平安が約束されるもの」として、その止まり木とされる梧桐の木は、特に支配者層にポジティブな印象を抱かせました。

このような思想や文化が、古代の日本にも伝来し、桐の木や桐紋が神聖視され、やがて皇室の文様として取り入れられる要因となったのです。

五三の桐の由来は[桐の木]だけど[キリの木]じゃない!?

五三の桐のデザインは、その名の通り桐の葉や花がモチーフとなっています。しかし一口に桐と言っても、その名のつく植物は複数あって、実は結構ややこしかったりするのでここで触れておきます。

混同されがちなので、きちんと整理してみると…

日本で一般的に[桐]と目される植物は、[会津桐]や[南部桐]で知られた特産の高級木材で、箪笥や下駄などの材料として用いられる、[シソ目キリ科]に分類される[キリ]のことをいいます。まっすぐ伸びた花序に紫の花を咲かせるのが特徴です。

キリの木。日本で主に桐といえばこの種。五三桐紋のモチーフになったといわれる。

一方、[アオギリ(梧桐)]とよばれる中国南部・台湾・沖縄を原産とする[アオイ目アオギリ科]の落葉樹は、奈良時代に伝来したとされ、比較的緯度の低い太平洋側の半島・四国・九州などで根付きました。小ぶりの黄色い花を咲かせる本種を、街路樹や公園樹として目にしますね。

アオギリの木。古代中国では桐といえばこちら。五三桐紋の由来となった鳳凰伝説もモデルの木でもある。

他にも桐と名のつく植物はいくつかありますが、今回取り上げた、この[キリ]と[アオギリ]は、葉の形が似ているだけで、上記の通り分類が全く別の植物となります。桐紋は"桐"の葉や花をモチーフとした家紋で、デザインのモチーフとなったのは[キリ]とされているのですが…

これの何が問題かというと…

日本とは違い、中国では通常"桐"とは[アオギリ]のことを指します。アオギリは古代中国の人々にとって、生活や文化に深く根ざした植物の一つです。その開花や黄葉を季節の移ろいのシグナルとしたし、大小さまざまな言い伝えの題材となっています。

この中国で発祥した桐にまつわる諸文化は日本にも伝来するのですが、先述の鳳凰伝説はもちろんアオギリにまつわるエピソードです。しかし、五三の桐のデザインのモチーフはキリ…。

ここで"由来"と"デザインの元"に食い違いが生じてしまっています。デザインのモチーフも"由来"と同じくアオギリであった事実を我々が見落としているか、昔の人々が"由来"となったアオギリをキリと取り違えているか、どちらかではないでしょうか。

確証はないのですが…

平安時代のある女流作家の著作に次のような意味の記述があります。「桐の花の紫色の咲き振りは風情があって、さすが唐の地で鳳凰の止まり木とされるだけはある」(※画像にあるように紫の花が咲くのは[キリ]のほう。)

五三の桐や他の桐紋のデザインを見ていると、どうもアオギリには見えないという事からも、どうやらキリとアオギリを取り違えている可能性のほうが高そうです。キリに鳳凰が止まる言い伝えはないのですから、それがデザインのモチーフだとすると、本来おかしな事になってしまうんですけどね。

家紋「五三桐」のベクターフリー素材のアウトライン画像。アドビイラストレーターでどのように作成されたかが分かる。

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ

スポンサードリンク