丸に五三桐

丸に五三桐

本項で取り上げる五三桐紋は、普段家紋に馴染みの無い皆さんも一度はどこかで目にした事があるのではないでしょうか。紋付き袴のレンタルに用いられる家紋としてお馴染で、貸衣裳の定番とも言えます。植物をモチーフにした家紋で、その名の通り桐の木や花を基にしています。

元来、この桐紋は菊の御紋と並んで、天皇家の専用の紋章として使用されてきました。古代中国では桐の木は、徳の高い天子の出現を知らせる為に現れるとされる、架空の生物・鳳凰が棲むという謂れから、大変縁起の良い植物とされている事もその要因でしょうか。

現在も使用されている桐紋の中でも五七桐などは、天皇から時の指導者に下賜が行われ、現在も内閣総理大臣の紋章に使用されるなど、由緒正しい紋章ですが、この五三桐は世間一般に多く普及し、丸に五三桐と合わせると、桐紋全体の7割にも上る使用率であるとされています。

天皇から指導者へと下賜された五七桐紋は、そのままその指導者が自らの紋章として用いるのが一般的ですが、配下の者に対する恩賞の意味合いや、より自分の近くに引き寄せるための手段として、簡素化したり、意匠を変更したものを下賜するケースもままありました。

この五三桐紋もその類から生まれたものとされています。この紋章は、江戸時代に庶民の間で急速に広がりを見せ、紋付きの衣装の貸し借りが成立(お互いに同じ五三桐の家紋であるため)するケースがとても多かったと言われています。

家紋が一般庶民に普及し始めたのは、江戸時代に入ってからとされています。今まで家紋に縁が無かった人々が、新たに家紋を持つとなれば、縁起物や格式を重んじたものに人気が集まるのも想像に難くありません。先に挙げたように、元が大変縁起の良い紋章である上、簡素化されているとはいえ、かつては天皇家の定紋であった桐紋(五七桐)なのですから無理も無いですね。

この「丸に五三桐」紋は、その「五三桐」紋の外側を丸で囲った図案です。この家紋のように、元となった家紋を何らかの図形で囲ったり、または要素の一部を削ったりする場合は、大抵、本家からの分家の際に行われます。

その変更に際して、最も多かったケースは、元の意匠を「丸で囲う」であったと言われています。まさしく、この丸に五三桐紋もそのケースに当てはまりますね。一般的に考えれば、本家よりも分家のほうが圧倒的に数は多くなります。ここまでの事を踏まえれば、必然的に丸に五三桐紋が多く普及しているのも頷けるのではないでしょうか。

現在でもこの丸に五三桐紋を中心に桐紋は、幅広く家紋として普及し、藤・木瓜・片喰・鷹の羽などと共に、五大紋の一つとして数えられています。シェアの詳細まではわかりませんが、桐紋は全国ベスト5の普及率と考えて良さそうです。

そういう現状を踏まえてみれば、残念ながら、この「丸に五三桐」紋が家紋であるという情報のみでは、家系のルーツを遡るのは難しいのかもしれません。

「この画像のデータがほしいよ」という方は、下にあるダウンロードリンクから本家紋のベクターデータをフリーでダウンロードしていただけますが、EPS・PDFの意味がよくわからない方は、ページ上部の画像を(これでも900万画素の高画質画像です。)ご自由にダウンロードしてお持ちいただいて構いません。

スポンサードリンク

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ

スポンサードリンク