丸に蔓柏

丸に蔓柏

丸に蔓柏紋は柏紋の一種で、ブナ目ブナ科に属するカシワの木の葉の部分をモチーフとして、図案化した植物紋です。

家紋のモチーフとなったこのカシワの葉ですが、カシワの語源は、炊葉(かしぐは)で、かつては、食料を煮炊きしたり、それを盛ったりした葉であるから、このように呼ばれるようです。

かつてと言っても、それは相当昔の事で、聖徳太子の時代には、すでに立派な食器が利用されていたようですが、神饌(お供え物)を供する神道の儀式では、依然としてカシワの葉を器として用いていたそうです。

現代でも、天皇陛下ご自身で行われる宮中祭祀では、神饌のお供へに用いる、窪手や枚手といった器類は、カシワの葉が利用されています。

神道の祭祀施設(神宮や大社を始めとした神社の事)に参拝の際、儀式の一環として、かしわ手を打つという手順を踏みますが、このかしわ手の「かしわ」もカシワの木に由来しています。

このように、カシワの木は神道の儀式に深い関わりを持っている事から、柏紋を神紋として用いる神社も多かったですし、各々の社の神事を司る神官(神主)の家柄や、その社の氏子などは、家紋として用いるケースもあったようです。

有名なところでは、伊勢神宮の外宮(豊受大神宮)の神職家の一つである久志本家や、熱田神宮の大宮司の家柄の千秋家などが、自家の家紋として用いています。

このような経緯で、柏紋の家紋としての使用が始まりましたが、その後一般的にも、翌年に新芽が出るまで古い葉が落ちない特性から「代が途切れない」意味合いで縁起物とされ、家紋に用いる動きが生まれました。

なお、餅をカシワで包むという、端午の節句に欠かせない柏餅の由来もこの縁起を担いでいるそうです。

現代においても、十大紋とまでは行きませんが、全国的にそれなりのシェアを誇っています。

ちなみに、家紋は分家や賜与などを繰り返す事により、元の意匠から少しづつ変形していく事が一般的です。

その為、変形が大きいほど、のちの時代に生まれた家紋である可能性が高いのですが、この丸に蔓柏紋は「丸」と「蔓」が加わってはいますが、変形としては軽微なものと思われるので、それほど新しい家紋では無いようです。

「この画像のデータがほしいよ」という方は、下にあるダウンロードリンクから本家紋のベクターデータをフリーでダウンロードしていただけますが、EPS・PDFの意味がよくわからない方は、ページ上部の画像を(これでも900万画素の高画質画像です。)ご自由にダウンロードしてお持ちいただいて構いません。

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ