丸に荒枝付右三階松

丸に荒枝付右三階松

丸に荒枝付右三階松紋は松紋の一種で、マツ科の針葉樹である、マツの木をモチーフとして図案化した植物紋です。常緑で冬に雪や霜にさらされてもその緑の葉を保つ事から、古来より不老長寿の象徴として、尊ばれてきました。

さらにこの松の木には神霊が降り宿ると、こちらも古くより言い伝えられていて、正月に門松として用いられるのはそういった謂れ(神霊が降り宿るのを待つという意味合いで)があるためだそうです。

古代中国には、三国時代の呉に丁固という政治家が居りましたが、その丁固が壮年期頃に、マツの木がお腹の上に生えるのを夢で見て「松の字は十八公から成る。この十八年の後に、私は三公になっているであろう。」と解釈し、事実そうなったという故事があります。

三公(さんこう)とは、かつての中国の官制度に於いて、最高位と位置付けられる3つの官職に就く者の事で、同じくかつての日本の太政官制で言えば、太政大臣・左大臣・右大臣の事となります。

この丁固の「時を待って志しを遂げる」という中国伝来の故事にあやかって、マツを縁起物として捉える風習も存在したそうです。これらの背景から、春を「待つ」・神霊を「待つ」・時が来るのを「待つ」など、松の木は「待つ」という精神性の象徴ともなります。

また、同じく常緑の植物である「竹」と、冬に花を咲かせる「梅」のそれぞれ似たような由来の縁起物の植物を合わせた「松竹梅」の一角を担うなど、古来より日本人に馴染みの深い、日本文化を象徴する植物の一つとなっています。

日本文化を象徴するその他の植物と同様、様々な氏族が家紋として用いる風習が定着していきました。中でもこの松紋は、当時、マツが広く群生していた地域に住む人々が、家紋として用いた傾向が比較的多く見られるようです。

スポンサードリンク

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ

スポンサードリンク