織田木瓜

織田木瓜紋は、尾張の国の織田弾正忠家が生んだ、戦国の覇者・織田信長の家紋。

上の画像は戦国時代ファンにもかなりおなじみの家紋ですよね。尾張の国は織田弾正忠家が生んだ英雄で、後の天下人・織田信長の家紋で有名な織田瓜(織田木瓜)です。

ちなみにかなり大きめの画質で作ってあるので、いろんな用途に活躍するはず。こちらもご入用の方は自由に持っていってくださいね。ベクター画像は一番下ですよ。

織田瓜(織田木瓜)とは、織田信長で有名な織田弾正忠家の定紋の一つ。他、織田家は平氏を名乗っていた事から、揚羽蝶や桐紋なども用いられていたとの事です。

織田信長は、幼名を吉法師、元服後は三郎信長、のち上総介信長。通称・アダ名などは、大うつけ、うつけ殿、織田弾正忠、右大将、右府様、天下様、第六天魔王、総見院など。

右大将は、かつての律令官制の官職の一つで、従三位相当の右近衛大将の事。

また右府様とは、同じく律令官制の官職の一つで、太政官職の従二位・右大臣職の唐名から来ています。(ドラマや小説などの描写で、太閤秀吉が、ある一時期の徳川家康の事を「内府」と呼ぶ事がありますが、あれは家康がその当時、内大臣の官位にあったためです。)

総見院は死後、信長自身の法名から。

父・信秀の死後、織田弾正忠家の家督を相続。この織田弾正忠家とは、尾張守護代である織田氏の支流となります。

尾張守護代家である織田氏は、元は越前国織田庄を出自とし、越前国の守護・斯波氏の守護代である越前朝倉氏の勢力下にありました。

その中から尾張へ移住した者が後に尾張守護代となったようです。(室町時代に、越前国や尾張国などの他、複数の守護を務めた、室町幕府の管領家である名門斯波氏の被官であった事とも関連があるかもしれません。)

尾張守護代家の織田氏は尾張国の上と下をそれぞれ治める2家に分裂します。主流である織田伊勢守家とその支流の織田大和守家です。

信長が家督相続した織田弾正忠家は、その織田大和守家に仕える、3家老と呼ばれた家臣筋の3家のうちの一つです。

家柄としては、それほど立派なものでもありませんが、信長の父・信秀の頃はすでに戦国時代の真っ只中。この時すでに、織田弾正忠家は戦国大名化し、主家を凌ぐほどの勢力を誇っていました。

そのような背景で家督を継ぎ、戦国の世に主体的に飛び出した織田信長ですが、彼のその後の活躍については、伝聞のとおりです。

と言っても何もかもが順調だったわけではなく、たくさんのピンチも経験しましたが、そのドラマチックな彼の生き様が、後世まで名を残す所以なのでしょう。

織田瓜は、その意匠は五瓜ですが、元は定番家紋の一つである木瓜紋から派生したものです。

越前朝倉氏の家紋は「三つ盛り木瓜」紋が有名ですが、織田氏がまだ越前国織田庄に拠っている頃に、織田氏と主家である朝倉氏との縁談があったそうです。

その際に朝倉氏から木瓜紋を与えられたのですが織田氏は、"三つ盛り"に遠慮して、木瓜一つだけを用いる事にしたことから、織田瓜が誕生したのだそうです。

織田家の家紋と言えば、文句なくこの織田瓜でしょう。しかし信長自身が使用した家紋自体は先に述べたように、複数にのぼります。彼の代に天皇家や将軍家から拝領した家紋や、その哲学や価値観を主張するために使用した家紋よりは、彼の祖先から受け継いできたこの織田瓜こそが、地方の守護代家の一被官であった、織田弾正忠家を歴史の表舞台に引っ張りだし、その家名を大いに高めた、織田信長を象徴する家紋として一番しっくりくるような気がします。

織田信長の家紋「織田木瓜」のベクターフリー素材のアウトライン画像

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

織田木瓜紋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ