”Search Consoleで出来る事”を[具体的に]まとめてみたよ。

さて、前回までSearch Consoleとは何か?について、さまざまな角度からスポットを当てて、自分なりにSearch Consoleの本質的な部分をさぐってきました。

これまでの記事で、その部分に関しては一定の答えまで辿りつけたと考えています。

【simplicity2】Search ConsoleでIDの取得画面に辿り着けない愛すべきあなたに捧ぐ。
「simplicity2」のカスタマイズには、「アクセス解析(Analyticsなど)」という項目があります。 「Google Ana...
【Search Console】簡単で分かりやすい「手順」で登録しちゃうと、あとで困る事になるかもよ。
Search Consoleを登録する方法を、簡潔な手順で教えてくれるページは多いけど、手順を追ってばかりで、その意図するところにスポットを当てているサイトって少ない気がするので、今回はあえてSearch Consoleの本質的なところに迫ってみるよ。
これを読めば「Search Consoleとは何か?」について網羅できるかもww
最初は単に、「Search Consoleの全体像を把握しときたいなぁ。」とぼんやり思っていただけなのにいつの間にやら誰も求めていない領域にまで踏み込まなければ収まりがつかない状態になり、あまりの徒労感で地面にめり込みそうですが、せめて読み物として楽しんでもらえれば、少しは報われる気がするのでよろしくお願いします。
スポンサーリンク
大王堂ブログ-レクタングル(大)




今回の記事の方向性について

しかし、それを探っただけでは、まだぼんやりとした輪郭が浮かび上がっただけに過ぎず、あまりに抽象的で具体性に欠けてしまいます。

そこで今回は、「Search Consoleとはどんな事ができるサービスなのか」について考えてみようと思います。

Search Consoleの使い方を解説したサイトも、web上を探せばいくらでも見つける事が出来ます。

しかしその前にSearch Consoleとは、どのようなことができるサービスなのでしょうか?またその事が利用者にとってどのような利点をもたらしてくれるのでしょうか?

使い方以前に、僕はそのことを何もわかっちゃいませんでした。とにかく勘が鈍い自分にとっては、結構大事なことだと痛感したので、そのあたりを少しまとめてみました。

スポンサーリンク

Search Consoleとは何ができるサービスか?を具体的に。

Search Consolを用いる事で、あなたの登録サイトがGoogle検索側から「どのように評価されているか」そして「どうすれば評価を高めることが出来るのか」を知ることが出来ます。具体的な例は以下の通りです。

  • Google検索から流入してくる訪問者に関するさまざまな情報
    (訪問者数・訪問者のニーズ・的確な供給へのヒント・検索エンジンからの評価・訪問端末(PC・モバイルなど)の割合)
  • 登録サイトへの外部からの評価
  • 登録サイト内の訪問者による巡回のスムーズさ
  • Google検索が登録サイトの構造をどれくらい把握しているか
  • Google検索側から見る登録サイトの評価を下げる問題点

また、Google検索に対して登録サイトの価値を認めてもらうためのアピールも可能です。

  • Google検索の優先的な[システムによる巡回]の要望を出すことが出来る
  • Google検索に対し、巡回システムのサポートを目的として、サイト全体の構造を文書化して、逐次報告が可能

これらの情報は、あなたが供給できるコンテンツの需要の規模を知り、貢献できうるニーズを正確に把握し、コンテンツの検索順位を向上させ、検索結果の表示内容を最適化させるサポートに、大いになり得るでしょう。

それぞれの情報の読み取り方や、登場する語句が何を指しているか、などSEOに関連する予備知識はある程度必要ですが、Search Consoleは自身の提供するwebサービスに対するトラフィック増大の達成には欠かせないツールと言えます。

上記に挙げたそれぞれの項目が、「どうして」そして「どのくらい」重要かについての部分は、やはりSEO的な分野にも深くかかわってくる事もあって、今回は踏み込みません。機会があれば、またいつか記事にしたいと思います。

次は、今回の記事を踏まえた上で、もう少し掘り下げて具体的な使い方を、例を交えて見ていきたいと思いますが、それはまた次回の講釈で。

スポンサーリンク
大王堂ブログ-レクタングル(大)




大王堂ブログ-レクタングル(大)