「石持ち」「地抜き」って何だ?家紋の関連用語を徹底解説!

石持ち地抜きの家紋の一覧。

家紋一覧などを眺めていると、度々目に入る「石持ち地抜き○○」という家紋。家紋名は置いておくとして、この「石持ち地抜き」とは一体どういう意味でしょうか?自分がこの言葉の意味を初めて知った時、軽くビックリしてしまいました。名前からは想像もできない内容の意味だったからです。

実はこの言葉、二つの言葉が合体していたり、元の由来とは違う漢字が当てられていたりするため、文字を見て本来の意味に到達することは難しいでしょう。そこで今回は、合体している言葉を1つずつ順に見ていく事で、その意味を解説してみたいと思います。

スポンサーリンク
大王堂ブログ-レクタングル(大)




石持ちの由来とは?

「石持ち=こくもち」の由来については、文字からそれを推測しようとしても、正解へ辿りつくことは難しいでしょう。なぜなら、この”こくもち”には、本来の意味とは違う漢字が当てられているからです。

元は「黒餅」と書き、これは丸いモチをかたどった餅紋の一種になります。白地などの薄い色地に黒い円を描いた簡単な紋章です。反対に黒地や濃い色地に円を白く抜いたもの「白餅=しろもち」といいます。

石持ちや城持ちと言った縁起かつぎから、武家に好まれた黒餅・白餅紋。

それぞれ、白餅は「城持ち=しろもち」、黒餅は「※1.石持ち」に引っ掛けて、武士階級の縁起物とされました。やがてこの丸い紋章に白と黒の区別がなくなり、さらに縁起担ぎの当て字であった”石持ち”という形で現代に伝わりました。

それがいつの頃かはハッキリと特定はできませんが、貫高制(かんだかせい)から石高制(こくだかせい)への移行は、太閤検地(たいこうけんち)が契機となるので、少なくとも”石持ち”の概念は16世紀の後半以降と考えられます。

ただの円を紋章として掲げ、挙句その由来は丸餅だと言うのですから、昔の人の発想は面白いですね。

※1.支配地の収入の多少を石高で表した時代の成功者の呼称の一つ。現代の”金持ち”のような感覚

きもの用語としての石持ち

現代での石持ちは「きもの用語」で、紋を入れるためにあらかじめ円形に白く染め抜いてある部分(染色前の生地の色は基本的に白い。)を言います。特に黒留袖や、黒紋付、喪服などは、真っ黒に染め上げてしまいますので、この処置をしておかないと「染め抜き」(染色の際に、生地の一部分を何らかの方法で覆い隠して、生地の色を残すこと)で紋を入れることが出来ません。

反物の段階では、紋の入る部分はとりあえず円形に染め抜いておいて、仕立ての注文を受けた際に職人が指定された紋を描くというのが一般的ですが、生地に黒染めを行う段階で紋が指定されていれば、紋の形に染め抜くのでこの場合は石持ちにはなりません。

きものの業界では、石持ちはおもに黒地に白い円形で染め抜くのですから、本来であればこれは”白餅”であるハズです。ただ男女ともに、黒染めの反物に両袖・両胸元・後襟下の5ヶ所に紋を入れてしつらえたものが、最高の格を誇る正礼装とされるのですから、この業界で紋を入れるといえば、”白抜き”が基本となるわけです。

そもそも家紋とは、その図形通りに、”黒”なり”赤”なり”金”なりで塗り描くのが基本であって、濃い地色に対して白く紋を表現するというのは、本来一般的とはいえません。

きもの用語としては「石持ちとは円形に白く染め抜くこと」と解説されますが、本来の石持ちは元の由来を考えれば、石持ちとは必ずしも”白く染め抜くこと”とは限りませんので、その辺りは注意が必要となりそうです。

スポンサーリンク

地抜きとは?

続いて「地抜き=じぬき」です。ここでの”地”とは「地色」を指します。”地”とは紋を入れる対象物の事です。それは”提灯”であったり、”旗”や”着物”、”桐たんす”であったり、”iphone”であるかもしれません。家紋は入れようと思えば何にでも入ります。

そして「地色」とはこの対象物の色をいいます。提灯・旗・着物はさまざまな色がありますね。桐たんすはクリームっぽい色、iphoneはゴールドやシルバーなどといったところでしょうか。

濃い背景色に対して、文字や図形を白く表現することを一般に”白抜き”と言いますが、”地抜き”とはそれを「地色」で表現することを言います。しかし、白い提灯に対して紋の形を白く抜いたのでは、紋が入っていないのと同じことになってしまいます。

白い提灯に白の家紋を描く時、当たり前だが石持ち地抜きでなければ、紋が見にくい。

そのため、地抜きとは単独では成立せず、必ず石持ち・菱持ち・雪持ち・角持ちなどとセットで用いられる手法なのです。

地抜きで抜く周りの囲いは石持ちだけに限らない。

スポンサーリンク

石持ち地抜きの意味。その結論。

本来は紋を入れる場所を、円形に塗り描くか染め抜き、さらにその円形の中に地色で家紋を描くか染め抜くことを言います。例えば、紋を入れる対象の地色が白地であれば、黒円の中の紋章は白く描かれ、紋はちょうど白抜きのような状態になります。

ただし、黒染め物で紋付きの着物をしつらえる場合、石持ちは必ず”染め抜く”形となり、そうなると白抜きの円形に地色(黒留袖や黒紋付なら黒色)で紋が描かれることになるため、きものの業界の場合は「白く染め抜かれた石持ちの中に地色と同色で紋を入れたもの。」といった解説になります。