桐紋の意味や由来の解説。家紋「桐」の一覧

現在では、多くの使用数や豊富な種類をほこる定番家紋として知られる桐紋。しかし、かつて桐紋は、皇室の専用紋として使用された格式の高い紋章でした。この記事では、そんな桐紋の誕生から現在に至るまでを順にご紹介したいと思います。
スポンサーリンク
大王堂ブログ-レクタングル(大)




桐紋に秘められた謂われとは?

桐紋のモチーフとなったのは、当然「キリ」の木と花ですが、このキリの木を神聖視する風潮は、かつて東洋の大帝国であった中国で生まれたものです。

その由来は、古代中国の神話にまつわるもので、「竜」や「麒麟」などと並ぶ、ありがたい「瑞獣(その出現が、吉兆の知らせとされる空想上の獣)」とされる「鳳凰」伝説が元となっています。

鳳凰は、霊泉と呼ばれる泉の水を飲み、竹の実のみをその餌とし、その止まり木には唯一、キリの木を選ぶとされています。このような謂われから、かつては「桐」と「竹」と「鳳凰」は、セットで文様などに用いられていました。

鳳凰の出現は「徳の高い天子の誕生」を意味するため、本場である中国の皇帝はもちろん、その強い影響下にあった当時の日本を含む、東アジア各国の支配階級の間でも、(鳳凰の吉兆の恒久を願う意味で)この鳳凰の止まり木とされるキリの木を神聖視する考えが広がったといいます。

桐紋と皇室の関係

このような経緯で、日本の皇室でも「桐」を尊ぶ伝統が育まれたわけですが、現在でも天皇が即位の礼などでお召しになる「黄櫨染御袍」(高貴な伝統装束のうち、天皇専用の黄櫨に染められた上着の事)の文様に「桐竹鳳凰文」が用いられている事が知られています。

桐紋が皇室専用の紋章として使用された歴史は古く、そのきっかけになったとも言える「桐竹鳳凰文」を天皇の正装と定める法制化が為されたのが、9世紀の前半頃とされています。

現在、皇室の紋章として知られる「菊の御紋」が、後鳥羽上皇により用いられたのが13世紀の初頭である事を考えれば、桐紋の方が実に400年近く皇室の紋章としての歴史が古いということになります。

これは意外な事実といえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

皇族の専用紋から社会の特権階級へ広がっていく流れ

このように皇室専用の紋章として定着していた桐紋ですが、「建武の新政」で有名な後醍醐天皇により、鎌倉幕府打倒の勲功第一とされた足利尊氏へ、桐紋の下賜が行われます。このこれまでに前例のない取り計らいをきっかけに、皇族以外の桐紋の使用が始まる事になります。

公に皇室由来の桐紋の使用を認められた足利将軍家は、自家のみの使用にとどまらず、勲功のあった一門衆や、守護大名(またはその被官)への行賞として利用しました。

こうした動きは、室町政権下において断続的に続いたもので、その代表的な例を挙げると、あの織田信長も足利義昭により桐紋を賜っていたりします。

「桐紋といえば秀吉」のイメージが出来上がるまで

室町末期以降の戦国乱世を統一し、関白として政権を樹立した豊臣秀吉も、足利将軍家の先例に倣い、皇室より桐紋を賜ります。

ただしこの秀吉は、「河内流・清和源氏」の流れを汲む、日本屈指の名門家系であった足利氏と比較すれば、いわゆる「氏素性の定かではない家系」の出身といえます。

足利氏の「二つ引き両」紋のような、名門家系に何代も受け継がれた、高い格式と権威を備えた家紋を持たない秀吉は、桐紋を自身の定紋のように扱い、前面に押し出すように利用しました。

そのため、現代においても「桐紋といえば豊臣秀吉の家紋」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

さらに秀吉は、自らに臣従した大名諸侯に、足利将軍家以上に惜しみなく桐紋を授けました。それら諸侯は、さらに自らの家臣へ桐紋を与えたため、瞬く間に桐紋の使用は広まり、同時に多くの変形種も生まれたのです。

「為政者の紋章」という先例を否定した徳川政権

秀吉の死後、にわかに勃発した混乱をおさめ、次の国家指導者の地位についたのは徳川家康です。しかし家康は、これまでの先例を軽んじるように、朝廷からの桐紋下賜の打診を拒んでしまいます。

徳川側からすれば、豊臣政権のイメージの染み付いてしまった桐紋を嫌ってのことかもしれません。

スポンサーリンク

家紋「桐」(桐紋)の一覧