【2020年1月1日】今週の家紋フリー素材の新規追加分をまとめてお知らせ。

大王堂のhakko_satoです。今週の家紋フリー素材の新規追加のご報告です。今回は「桐」と「木」と「鱗」を作成しました。鱗紋は今回で一旦終了です。
スポンサーリンク
大王堂ブログ-レクタングル(大)




今週の追加「家紋フリー素材」のご紹介

以下が今週の追加分になります。

「光琳桐=こうりんぎり」

桐紋の一種。尾形光琳の画風を模してデザインされた紋章とのこと。皆さんは尾形光琳をご存知でしょうか?自分はよく知りません。

「石持ち地抜き五三桐=こくもちじぬきごさんのきり」

同じく桐紋の一種、石持ち地抜き五三桐紋。黒紋付などには、こんなふうに紋入れされるのでしょうね。ただし実際は白黒反転されますが。「石持ち地抜き」の詳細な解説はコチラから。

「中陰五三桐=ちゅうかげごさんのきり」

五三桐の日向紋を中陰で表現した家紋。中陰とは何かについてはコチラをご覧ください。

「三つ組み木=みつくみき」

ご覧の通りというか、読んで字のごとくというか。角材を三つ組み合わせて三角形にした家紋。木材の交差部分の描画処理が地味に面倒くさいので、見た目よりは労力を費やしているんですよ。

「丸に縦横算木=まるにたてよこさんぎ」

この家紋のように、交差部分の塗りが重ならないと「十字」という判断にならないみたいですね。

「丸に一つ鱗=まるにひとつうろこ」

円と三角形の組み合わせ。これは本当にあっという間に終わりました。

「石持ち地抜き三つ鱗=こくもちじぬきみつうろこ」

三つ鱗の紋付き衣装を想像すると、ちょっと面白いですね。自分はGB以外でプレーしたことないですが、ゼルダ狂の知り合いに言わせれば、トライフォースにしか見えないらしいですよ。「石持ち地抜き」の意味は、上の五三桐の場合といっしょです。

スポンサーリンク

まさかの元日更新デスよ。

前回の更新後、「次の更新は年明けかなぁ」とぼんやり考えていましたが、何と元日が水曜日でしたね。家紋の素材制作以外の更新作業に、5時間ほどかかるので、今年はあまり正月気分ではありませんね。

正直、一週間サボってやろうかと思いましたが、googleさんが怖いので、おとなしく更新しておきます。

とはいえ正月なので、記事のコメントは短めにさせていただきます。今日はちょっと炭水化物を摂り過ぎたので、あまり寒くならないうちに、少し走っておこうかと思いますので。それではこの辺で。

‥モチじゃないっすよ?摂り過ぎた炭水化物は。

‥ホントですよ?

また来週。2020年1月1日 hakko_sato

↓↓↓最近のおすすめ記事↓↓↓

【完全版】「陰紋」とか「中陰紋」とか「日向紋」って何だ?家紋にまつわる用語を徹底解説!
家紋に触れる上で、必ず目にする用語である「日向紋」と、中陰紋や太陰紋などの各種「陰紋」。家紋界隈の替紋、通紋、女紋といった紛らわしい用語と相まって、その意味はチンプンカンプンという方も多いはず。この記事ではその意味の解説を徹底的に行いますよ!