違い矢

違い矢

違い矢紋は矢紋の一種で、弓と呼ばれる発射具につがえて、その弾力を利用して発射される武器の総称である、矢をモチーフにして図案化した家紋です。

矢は中石器時代頃が起源とされ、やがて世界中に分布しました。日本ではすでに縄文時代には、使用されていた事がわかっており、中国の魏志倭人伝には、寸法が7尺を超え、真ん中より下の部分に矢をつがえて使用するといった、和弓の特徴がすでに記されていたように、その歴史は極めて古いものとなります。

そのため、古くから矢にまつわる文化は日本に深く浸透し、古事記にもその名が登場したり、俳句の季語のように、古文や句などでも使われてきたようです。

「矢面」「矢返し」などの語、あるいは「一矢報いる」「白羽の矢が立つ」などの慣用句が代表的でしょうか。

また、季語に用いられる際の、間接的な比喩として、穢れ・邪気・魔・厄などを、祓い清める事を表現する言葉でもあるように、日本では矢は古来より、神器としても扱われた歴史があり、「破魔矢」や「葦矢」などの神事に関連する行事も生まれています。

現在でも矢を使った神事は多く見られ、そのような経緯もあって、矢紋を神紋として用いた寺社も多いようです。

矢紋は、神紋としての利用が一般的だったようですが、やがて武を重んじる武士階級にも使用が広がっていったとされています。

矢紋は、その種類が豊富である事が知られていますが、通常の家紋は、モチーフとなった対象物の一部分、あるいはその周辺(植物紋で言えば、花、もしくは花と葉をモチーフとする例が多い。)を図案化した種類のみの場合がほとんどです。

しかしこの矢紋の場合は、矢の全体は勿論、矢羽、矢筈、鏃、の各部分にスポットを当てた家紋がそれぞれ存在します。矢が細長い形状なのもあるのかもしれませんが、文様化するにあたって、それぞれの部分に思い入れを感じる事が出来る素材であったのだろうと思います。

本項の違い矢紋は矢全体の図案ではなくて、矢羽の部分のみを図案化した意匠となっています。

違い矢紋に用いられたモチーフの矢も、矢羽に鷹の羽を利用したものだそうで、見た目は勿論、尚武的な意味合いとしても、鷹の羽紋に通じるところがあると言えそうです。

スポンサードリンク

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ

スポンサードリンク