丸に違い鷹の羽

家紋・丸に違い鷹の羽の素材。高精細フリー画像

丸に違い鷹の羽は、古代より洋の東西を問わず、勇敢さと力強さの象徴とされた鷹を題にした家紋で、植物紋のソレとは一線を画します。武門の家柄に特に好まれ、代々受け継がれた由緒ある紋種。そこに込められた意味や由来とは?家系やルーツの手がかりを家紋を辿ることで得られる事も。同時に丸に違い鷹の羽紋の高精細画像も公開中。

丸に違い鷹の羽紋は、鷹の羽紋の一種で、鷹の羽紋はその名の通り鷹の羽根がモチーフとなった紋です。

大型の猛禽類に分類される鷹は、空中を活動の中心とする生態系のピラミッドの頂点に立つ存在で、獲物を効率的に捕らえる事の出来る特徴的な容姿と、大柄な体格、優れた身体能力などとも相まって、古来より洋の東西を問わず、強さや権威・権力を象徴するものとして扱われてきた歴史があります。

それはかつての日本も同様で、その勇猛で威厳に満ちた印象により、特に武勇を重んじる武士階級から高い人気を誇り、特にその支配階級などは鷹狩などの風習を通して、割合に身近な存在と言えたでしょう。

その鷹を象徴する意味合いもあり、鷹の羽根などは、古来より弓道(洋弓・アーチェリーではなく)に用いる矢の矢羽根の材料として用いられたり(単に材質が向いていた事もありますが)、武家全般の様々な行事事にも取り入れられるようになりました。

このように、日々の営みに関わりが強かった事で、武勇を象徴するものと言えば鷹の羽根として、武士階級を中心に、鷹の羽紋が家紋などの図案として取り上げられるようになったのも、自然の成り行きと言えるかもしれません。

この鷹の羽紋も、徳川氏の葵紋のように、特定の氏族が専有して使用していたわけではなく、先に述べたように武士階級を中心にまんべんなく分布し、現在では、藤・桐・片喰・木瓜に並ぶ、五大紋の一つとしてポピュラーな家紋で有名になりました。

他家と区別をつけるためか、バリエーションも割合に豊富な方で、一枚羽は勿論、複数羽を横や縦に並べてみたり、二枚羽をクロスさせてみたり、羽の模様を変えてみたり、例によってそれらを様々な形や太さで囲ってみたりといったものが有ります。

この項で取り上げる丸に違い鷹の羽紋もそんな鷹の羽紋の一つですが、何故か数ある鷹の羽紋の中でも、その占有率はかなりのものを誇っているようです。(ひょっとして一番かも…)

以上が丸に違い鷹の羽紋の解説でした。その他の家紋の一覧ページは↓こちらから。

「この画像のデータがほしいよ」という方は、下にあるダウンロードリンクから本家紋のベクターデータをフリーでダウンロードしていただけますが、EPS・PDFの意味がよくわからない方は、ページ上部の画像を(これでも100万画素の高画質画像です。)ご自由にダウンロードしてお持ちいただいて構いません。

「丸に違い鷹の羽」のベクターフリー素材のアウトライン画像

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

丸に違い鷹の羽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ