太田桔梗

太田桔梗

太田桔梗紋は桔梗紋の一種で、キキョウ科の多年性植物であるキキョウをモチーフとして図案化した植物紋です。

キキョウは万葉集にも登場する秋の七草の一つに数えられ、また、多年生の植物である事から、根は肥大化し、桔梗根なる生薬として、かねてより利用されてきたようです。

桔梗紋は、武家の使用が中心で、特に、摂津源氏の支流である、美濃源氏の嫡流・土岐氏とその一族が用いた事が有名です。

土岐氏が桔梗紋を用いるようになった由来は、土岐氏の祖とされ、鎌倉幕府の御家人でもあった土岐光衝が、さる合戦の際に、咲いていたキキョウの花を摘んで、兜の前立にさして戦ったところ、大勝利を得た事から、縁起を担いで使用するようになったと言われています。

また、吉凶の響きがキキョウに似ている事から、かつてはキキョウの花を一輪、神や仏に捧げて吉凶を占ったとされたり、キキョウの「桔」と「梗」の字のそれぞれのつくりの部分が「更に吉(さらによし)」となる語呂が縁起の良いものとされた事から、源氏を中心に桔梗紋を使用する例が広まったとされています。

そんな桔梗紋の中でも、本項の太田桔梗紋は、江戸城を築城した太田道灌(資長)で有名な太田氏の使用した家紋で有名です。

太田氏は、摂津源氏の源広綱が、丹波国桑田郡太田に土着した事から太田氏を名乗り、その後、扇谷、山内両上杉氏に仕えるなど、関東の有力氏族として栄えました。

スポンサードリンク

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ

スポンサードリンク