石持ち地抜き方喰

石持ち地抜き片喰(陰酢漿草)の画像素材。高精細フリー画像

石持ち地抜き片喰(酢漿草)紋は、比較的よく目にする家紋である片喰紋の一種ですが、"片喰(酢漿草)"のことはもちろん、あまり耳馴染みのない"石持ち地抜き"が、何を意味するのか、そしてその由来についても、さまざまな角度から詳細に解説しています。

現代に伝わる家紋の中でも、五大紋の一つに数えられるほど、幅広く普及している片喰(酢漿草)紋ですが、その意味や由来については、案外知られていないのではないでしょうか。

ましてその中でも、あまり日の目を見ることのない[石持ち地抜き片喰=こくもちじぬきかたばみ]紋ならなおさらのことです。そこで今回は、せっかくの機会ですからこの紋について、じっくりと取り上げてみたいと思います。

※石持ち地抜き片喰のベクターフリー素材をお探し方へ。[EPS][PDF]ファイルのダウンロードリンクはページの最後にあります。

石持ち地抜き片喰紋の意味とは?

石持ち地抜き片喰紋は、多年草のカタバミをモチーフにした"片喰紋"の一種です。カタバミは山地から平野部まで、日本各地のいたるところに自生している、いわば"雑草"の類です。

茎は地表を全方位に這うように広がり、地下には球根を持ち、そこからさらに地中に根を張ります。

また、多年草であるため地上部の茎葉を、いくら丁寧に刈り取っても、その球根から何度も茎や葉が発生してしまいます。そのため、根絶させることが非常に困難な雑草の一つとされています。

カタバミが文様から家紋へ

かつてカタバミは、葉をすりつぶして鏡の表面を磨いたり、生薬として用いられたりしました。また、その愛らしい葉は、古くから中央貴族に衣装や調度品などの文様として用いられてきた歴史があるようです。

貴族が用いたその文様が元となって、やがて紋章として取り入れられるようになりました。先述のように、一度根付くとなかなか根絶できない事、繁殖力が強い事などが「(家が)絶えない」「家系の発展」に通じる事などから、武家の間で人気の紋章となったようです。

片喰紋の普及

流行した紋章であるがために、例えば"葵の御紋"のような特定の権力者が用いて、他家や後の庶民が遠慮するような事態にならなかった事が、普及を後押しした部分もあるかもしれません。

江戸時代に一般庶民にも家紋を用いる習慣が定着していく中で、片喰紋が多く選ばれた背景には、それ以前に武士という特権階級に広く普及していた事実と無関係ではないでしょう。※さらに詳しく片喰紋を知りたい方は下のリンクから。

石持ち地抜きとは何か?

今回の家紋名にもある[石持ち地抜き]とは、どういう意味なのでしょうか?私はこの言葉に出会った当初、全く意味を想像できませんでした。この言葉は、二つの意味がくっついているので、まずは分解して解説してみます。

石持ちの由来

[石持ち=こくもち]の由来については、文字からそれを推測しようとしても、正解へ辿りつくことは難しいでしょう。なぜなら、この"こくもち"には、本来の意味とは違う漢字が当てられているからです。

元は[黒餅=こくもち]と書き、これは丸いモチをかたどった餅紋の一種になります。白地などの薄い色地に黒い円を描いた簡単な紋章です。反対に黒地や濃い色地に円を白く抜いたものを[白餅=しろもち]といいます。

それぞれ、白餅は[城持ち=しろもち]、黒餅は[※1.石持ち]に引っ掛けて、武士階級の縁起物とされました。やがてこの丸い紋章に白と黒の区別がなくなり、さらに縁起担ぎの当て字であった"石持ち"という形で現代に伝わりました。

それがいつの頃かはハッキリと特定はできませんが、貫高制(かんだかせい)から石高制(こくだかせい)への移行は、太閤検地(たいこうけんち)が契機となるので、少なくとも"石持ち"の概念は16世紀の後半以降と考えられます。

※1.支配地の収入の多少を石高で表した時代の成功者の呼称の一つ。現代の"金持ち"のような感覚

きもの用語としての石持ち

現代での石持ちは[きもの用語]で、紋を入れるためにあらかじめ円形に白く染め抜いてある部分(染色前の生地の色は基本的に白い。)を言います。

特に黒留袖や、黒紋付、喪服などは、真っ黒に染め上げてしまいますので、この処置をしておかないと[染め抜き](染色の際に、生地の一部分を何らかの方法で覆い隠して、生地の色を残すこと)で紋を入れることが出来ません。

反物の段階では、紋の入る部分はとりあえず円形に染め抜いておいて、仕立ての注文を受けた際に職人が指定された紋を描くというのが一般的ですが、生地に黒染めを行う段階で紋が指定されていれば、紋の形に染め抜くのでこの場合は石持ちにはなりません。

きものの業界では、石持ちはおもに黒地に白い円形で染め抜くのですから、本来であればこれは"白餅"であるハズです。

ただ男女ともに、黒染めの反物に両袖・両胸元・後襟下の5ヶ所に紋を入れてあつらえたものが、最高の格を誇る正礼装とされるのですから、この業界で紋を入れるといえば、"白抜き"が基本となるわけです。

そもそも家紋とは、その図形通りに、"黒"なり"赤"なり"金"なりで塗り描くのが、かつての基本であって、濃い地色に対して白く紋を表現するというのは、本来一般的とはいえません。

きもの用語としては「石持ちとは円形に白く染め抜くこと」と解説されますが、必ずしも石持ちは、"白く染め抜くこと"とは限りませんので、その辺りは注意が必要となりそうです。

地抜きとは?

続いて[地抜き]です。ここでの"地"とは[地色]を指します。"地"とは紋を入れる対象物の事です。それは"提灯"であったり、"旗"や"着物"、"桐たんす"であったり、"iphone"であるかもしれません。家紋は入れようと思えば何にでも入ります。

そして[地色]とはこの対象物の色をいいます。提灯・旗・着物はさまざまな色がありますね。桐たんすはクリームっぽい色、iphoneはゴールドやシルバーなどといったところでしょうか。

濃い背景色に対して、文字や図形を白く表現することを一般に"白抜き"と言いますが、"地抜き"とはそれを[地色]で表現することを言います。しかし、白い提灯に対して紋の形を白く抜いたのでは、紋が入っていないのと同じことになってしまいます。

そのため、地抜きとは単独では成立せず、必ず石持ち・菱持ち・雪持ち・角持ちなどとセットで用いられる手法なのです。

石持ち地抜きの意味。その結論。

本来は紋を入れる場所を、円形に塗り描くか染め抜き、さらにその円形の中に地色で家紋を描くか染め抜くことを言います。例えば、紋を入れる対象の地色が白地であれば、黒円の中の紋章は白く描かれ、紋はちょうど白抜きのような状態になります。

ただし、黒染め物で紋付きの着物をあつらえる場合、石持ちは必ず"染め抜く"形となり、そうなると白抜きの円形に地色(黒留袖や黒紋付なら黒色)で紋が描かれることになるため、きものの業界の場合は「白く染め抜かれた石持ちの中に地色と同色で紋を入れたもの。」といった解説になります。

以上が石持ち地抜き片喰紋の解説でした。その他の家紋の一覧ページは↓こちらから。

石持ち地抜き片喰のフリー画像素材について

[家紋素材の発光大王堂]は、家紋のepsフリー素材サイトです。以下のリンクからデータをダウンロードして頂けます。家紋のフリー画像を探しているけど、EPS・PDFの意味がよくわからない方は、ページ上部の画像をダウロードしてご利用下さい。背景透過で100万画素程度の画質はあります。

石持ち地抜き片喰(酢漿草)・ベクターフリー素材のアウトライン画像

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

石持ち地抜き片喰の黒地に白抜き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ