陰片喰(陰酢漿草)

陰片喰(陰酢漿草)の画像素材。高精細フリー画像

陰片喰(陰酢漿草)紋は、比較的よく目にする家紋である片喰紋の一種ですが、"片喰(酢漿草)"の部分はもちろん、"陰"は何を意味するのかについても、その由来とともに詳細に解説しています。

数ある紋属の中でも、5代紋の一つに数えられるほど、現代においても幅広く普及している片喰(酢漿草)紋ですが、案外その意味や由来は知られていないもの。

そんな片喰紋の中では、あまり目にすることはない[陰片喰(陰酢漿草)=かげかたばみ]。そこにはどのような由来が秘められているのでしょうか?

※陰片喰(陰酢漿草)のベクターフリー素材をお探し方へ。[EPS][PDF]ファイルのダウンロードリンクはページの最後にあります。

陰片喰紋(陰酢漿草)の意味とは?

陰片喰(陰酢漿草)紋は、多年草のカタバミをモチーフにした"片喰(酢漿草)紋"の一種です。カタバミは山地から平野部まで、日本各地のどこにでも自生している、いわゆる"雑草"です。

茎は地表を全方位に這うように広がり、地下には球根を持ち、そこからさらに地中に根を下ろします。さらに多年草であるため、地上の茎や葉をキレイに刈り取っても、その球根から何度も茎や葉が再生するので、根絶させることが非常に困難な雑草の一つです。

カタバミは"片喰"とも"酢漿草"とも表記されますが、ここからは"片喰"に統一します。

カタバミが家紋となる流れ

カタバミは古代の日本では、葉をすりつぶして鏡の表面を磨いたり、生薬として用いられたりしました。また、その愛らしい葉は、古くから中央貴族に文様として用いられてきた歴史があります。

貴族が用いたその文様がデザインの元となって、やがて紋章として取り入れられるようになりました。先述のように、一度根付くとなかなか根絶できない事、繁殖力が強い事などが「(家が)絶えない」「家系の発展」に通じる事から、武家に人気のある紋章となったようです。

片喰紋は一大勢力に

流行した紋章であるがために、例えば"葵の御紋"のような特定の権力者が用いて、他家や後の庶民が遠慮するような事態にならなかった事が、普及を後押しした部分もあるかもしれません。

江戸時代に庶民にも家紋を用いる文化が定着していく過程で、片喰紋が多く選ばれた背景には、それ以前に武士という特権階級に広く普及していた事実と無関係ではないでしょう。※さらに詳しく片喰紋を知りたい方は下のリンクから。

陰片喰の[陰]について

今回取り上げた、陰片喰紋の[陰]とは何でしょうか?実はこれ、"陰紋"と呼ばれる家紋の表現方法の一つなんですが、最後にこの陰紋について解説してみたいと思います。

陰紋とは?

[陰紋=かげもん]とは、家紋の表現方法の一つで、[日向紋=ひなたもん]と言われる元々の家紋の形状(今回の場合は[片喰]紋)を、輪郭線のみで表現したものを言います。

その輪郭線の太さにより種類が分かれ、[陰=かげ][中陰=ちゅうかげ][太中陰=ふとちゅうかげ][細中陰=ほそちゅうかげ][総陰=そうかげ]などがあります。

現代における認識では、家紋の通常の表現である日向紋を公式とし、それに対する全ての陰紋は略式の扱いとなるのが基本です。ただし、地色(紋を入れる対象物の色・例えば旗やちょうちんなど)との都合で用いられることや、女紋として活用されることもあります。

日本文化における家紋の"格"について

衣装などに用いられる場合、いわゆる"第一礼装"とされるものにはいくつか条件がありますが、必ず日向紋であることもその一つとなります。

反対に、着物の種類や紋の入る数、染め抜き・刺繍にかかわらず、今回の[陰片喰]紋のような"陰紋"が入ったものは、全て略礼装とされます。

[※1.第一礼装=だいいちれいそう]を着用する機会は、それほど多くありません。結婚式であっても当事者もしくはかなり親しい親族のみが着用するのが一般的です。ゲストの立場で着用するものでは普通ありません。

そのため、お茶会や友人の結婚式などを考えれば、略礼装の方が出番が多くなりがちです。そんなとき陰紋は、女性であれば[色留袖=いろとめそで]や[訪問着=ほうもんぎ]に紋入れをして略礼装にあつらえるなど、いわゆる"しゃれ紋"として扱われたりもします。

※1.第一礼装とは冠婚葬祭などの各種式典において着用されるものの中で、最も格式の高い衣装のこと。和風の場合、男性なら[黒紋付羽織袴]女性なら[黒留袖][黒喪服]をそれぞれ"五つ紋付"にしたものをいう。正礼装とも。

本来、正式な紋とはされないものですが…

このような経緯で陰紋は、日向紋に対しての略式の意味合いから、[裏紋=うらもん]と呼ばれることもあります。ただし、陰紋はあくまで裏紋に"含まれ"るということであって、陰紋=裏紋というわけではありません。

本来[裏紋]とは[替え紋]の別称で、替え紋とは[定紋=じょうもん]の代わりに用いる紋の総称です。

例えば、主筋から何らかの紋を賜ったり、敵方から奪い取るなどして、いくつもの家紋を保有した場合、その家を代表する家紋として定めたもの以外の全てを言い、非公式に用いられるものです。

替え紋には裏紋の他に[別紋][控え紋][副紋]などの呼び名があります。いずれにせよ陰紋とは、元となる紋章(日向紋)から見て陰の存在であり、元の紋章より目立たなくするという目的で生み出された紋なのです。

そのような背景から生み出された陰片喰。謂れについてはまちまちでしょうが、この陰片喰を正式な定紋としている家系も少なからず存在するようです。

以上が陰片喰紋の解説でした。その他の家紋の一覧ページは↓こちらから。

陰片喰紋のフリー画像素材について

[家紋素材の発光大王堂]は、家紋のepsフリー素材サイトです。以下のリンクからデータをダウンロードして頂けます。家紋のフリー画像を探しているけど、EPS・PDFの意味がよくわからない方は、ページ上部の画像をダウロードしてご利用下さい。背景透過で100万画素程度の画質はあります。

陰片喰(酢漿草)・ベクターフリー素材のアウトライン画像

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

陰片喰の黒地に白抜き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ