梅鉢

梅鉢

梅鉢紋は梅紋の一種で、バラ科サクラ属のウメの木をモチーフに意匠化された家紋です。

近世以降、花見といえばサクラを見る事であるように、花といえばウメよりサクラのイメージの方が強いですが、奈良時代以前はその逆で、花といえばウメを指す場合が多かったそうです。

従って、古くから貴族階級や文化人に愛好された事により、様々な和歌や能などで題材として取り上げられてきました。

中でも平安時代の宇多天皇の側近で、学者でもある菅原道真が、ウメをこよなく愛したことは有名で、そのため道真を祀る各地の天満宮(天神さま)などは、梅紋を神紋として用いる例が多いようです。

すでに奈良時代には、調度品などの文様として用いられるようになっていた事や、天満天神を信仰する武家氏族によって、徐々に梅紋が家紋として使用されるようになりました。代表的なところでは、前田利家の「加賀梅鉢」紋や相良氏の「相良梅鉢」紋などでしょうか。

他の家紋と同様に、梅紋にも様々な種類が有りますが、この梅紋はその意匠の見た目から2つに大別されます。

一つは一重のウメの花の正面から見た形をより写実的に図案化したものを「梅花」属、同じく一重のウメの花の正面から見た形をより幾何学的に図案化したものを「梅鉢」属と分類する事ができます。

本項で取り上げた梅鉢紋は、当然、梅鉢属となり、その代表的な紋となります。

スポンサードリンク

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ

スポンサードリンク