真田六文銭

真田六文銭

真田六文銭は、両大阪の陣に、豊臣方の武将として参戦し、日の本一の兵と評された真田幸村公に縁の深い家紋です。歴史好きの方にも非常に人気のある武将ですね。平成28年度の大河ドラマ「真田丸」の題材にもなりました。主演は堺雅人さん。

真田幸村とは、幼名を弁丸。元服後、字は源次郎、諱は信繁と名乗りました。名の通っている「幸村」とは、後に講談などで語られた通称で、本当の名乗りは「真田信繁」となります。(しかしここでは敢えて、かねてより普遍性のある「幸村」と記載させていただきます。)戦国時代の只中に生まれ、特に江戸幕府の創始者・徳川家康を、大阪夏の陣にて、あわやの所まで追い詰めた事で有名な武将です。

その真田幸村も含めて、現代においても比較的、名の通った真田氏ですが、その歴史は真田幸隆(幸村の祖父)以前の真田氏について言及されている資料も乏しい事から、はっきりと辿る事は出来ません。その事から察するに、少なくとも源平藤橘や、その流れを汲むような古来よりの名門氏族と肩を並べる存在ではなさそうです。(一般の感覚からすれば、支配階級というだけで十分名門ですが。)

では真田氏はどのような成り立ちを持っているのでしょうか。それは見解の異なる様々な家系図とともに諸説があり、判然としませんが、その諸説の中から真田氏の出自として有力であると思われるのは、かつて小県郡を中心に繁栄した、信濃の名族に滋野氏という氏族がありましたが、その滋野氏流を名乗り、嫡流の家柄とされる海野氏の流れとも、根津氏の流れともされています。真田氏の真田郷も小県郡にある事からして、先の滋野氏の流れを汲んでいる可能性が高いとされています。

なお、松代真田氏(幸村の兄・信幸が祖)により作成された真田家系図では、清和源氏の流れとされているが、当時は、家格の引き上げや支配の正当性を増すために、大名家を中心に家系の粉飾が行われるのも珍しい時代ではなかった事もあり、信憑性には乏しいと考えられます。(滋野氏が清和源氏を発祥としているが、裏付けとなる確かな記録がない。)

真田氏が、歴史の表舞台に登場し始めるのは、先述の真田幸隆の頃からで、1541年の海野平の戦いとそれ以降しばらくは、近隣の武田氏、諏訪氏、村上氏、上杉氏や同族の海野氏との間に、紛争と悶着がありましたが(書くと長くなるのでご容赦。)最終的に真田郷を拠点とした信濃先方衆として、武田信玄に仕える事になります。

この幸隆も、武田方の有力武将として、境を接する越後の上杉謙信や(因縁の?)北信濃の村上氏、上野の長野氏との争いを中心に、主に知略の面で大いに活躍した人物でした。

さらに幸隆の三男で、幸村の父である昌幸も主君である信玄の奥近習衆として仕え、その器量の高さから寵愛を受けたとされています。三男であるが故に、養子入りした武藤氏を継ぎ、一時は武藤喜兵衛の名乗りとなっていましたが、信玄病没後、武田四郎勝頼の時代の長篠の戦いにて、長兄・次兄ともに討ち死にしたため、真田宗家の家督を相続する事になります。

さらに主家武田氏の滅亡後は、織田氏→北条氏→徳川氏→上杉氏→豊臣氏と主家を鞍替えしつつ真田氏を北信・西上野の独立勢力にまで成長させます。またその間と関ヶ原の戦いの前哨戦の2度に渡って、徳川家の大軍を本拠地上田にて退けています。(第一次・第二次上田合戦)

真田幸村はこの昌幸の次男にあたります。彼は青年期には生家(というより昌幸)の置かれた立場がめまぐるしく変化する中、その影響を受けた形で、上杉氏→豊臣氏で人質時代を経験しています。初陣は、豊臣秀吉の小田原征伐といわれ、後に関ヶ原の戦いにも、父昌幸とともに西軍として参戦しています。関ヶ原での本戦には参戦せず先述の通り、その前哨戦ともなる第二次上田合戦にて、昌幸の指揮のもと、徳川の大軍3万8,000をわずか2000の兵で退けたとされています。

しかし、関ヶ原の本戦にて石田三成の西軍が徳川家康の東軍に敗北を喫したため、真田親子は徳川氏に降伏開城を余儀なくされます。本来なら処断される所でしたが、予め徳川方の東軍に与していた幸村の長兄・信幸(とその舅である本多平八郎)の助命嘆願により、命は助けられ、紀伊の九度山へ配流となります。

それから十数年に渡り、九度山にて蟄居生活を余儀なくされていた真田親子でしたが、そのさなか、父昌幸が九度山の地で没してしまいます。長い蟄居生活に深い絶望を覚えていた幸村でしたが、そんな折、関が原の合戦以降も火種を抱えていた豊臣方と徳川方の対立が抜き差しならない状態に悪化し、ついに徳川方が豊臣氏の本拠地大阪に、大軍を仕向けます(大阪冬の陣)。

大名家諸侯からの参陣が見込めない豊臣方は、豊太閤(豊臣秀吉)の遺産である莫大な量の金銀を放出して、浪人をかき集めますが、時を同じくして、幸村の元にも大阪方参陣の使者が派遣されます。こうして幸村は再び、日の目を見る機会を得る事が出来たのです。

幸村の大阪入城後の冬に両軍はぶつかるのですが、幸村はじめ、大阪方の浪人衆の積極策は、豊臣氏首脳に退けられ、籠城策が採用されてしまいます。次善の策として幸村は大阪城総郭の南側に出城を築きます。世に言う真田丸です。豊臣方は、この真田丸を中心に、その前方に展開する徳川方先鋒隊を挑発し、それに乗った前田隊、そしてそれにつられた数部隊に対して大損害を与えることに成功しています。

局地戦で勝利した豊臣方でしたが、大局的には劣勢で、さらに徳川氏はカルバリン砲やセーカー砲など、西洋諸国より買い集めた大筒にて大阪城本丸へ間断なく砲撃を行いました。その砲撃に恐怖した淀殿(豊臣秀頼の母で当時、事実上の大阪城の主)により、即刻和議が結ばれ、一旦は戦端が閉じられる事になります。

しかし、わずか数カ月後には、大阪は再び徳川方の大軍に攻め寄せられる事になります(大阪夏の陣)。緒戦から旗色が悪く、ついに大阪城近郊に追い詰められた豊臣方は、大阪城南方に展開した徳川方と真正面からぶつかります(天王寺口の戦い)。

この大阪の陣、最後にして最大の戦いで真田幸村は、先鋒隊の敗戦とそれに連なり大混乱に陥った徳川方の各隊を尻目に、三度に渡り徳川家康本陣に、真一文字に突撃を加え、家康本陣を半壊状態に追い込みました。近待の旗本とも散り散りとなり、漸く騎馬で窮地を脱した家康は、幾度か切腹を覚悟したといわれています。

恐らく開戦前は、楽勝とタカを括っていた家康の心胆を大いに寒からしめた幸村でしたが、所詮は多勢に無勢。真田隊壊滅の後、幸村は討ち取られてしまいます。程なくして大阪城も落城。豊臣氏の滅亡により、徳川氏の治世はますます盤石のものとなりました。なお、真田氏自体はその安定した江戸幕府の治世の下、親徳川派の幸村の兄、信幸が松代藩初代藩主となり、その家系が真田宗家として現代まで続いているそうです。

真田六文銭は、六連銭の一種でその六連銭や類似種である六連点は、信濃国の大族滋野氏ゆかりの氏族を中心に、北信濃一帯の豪族の間で広く使用された紋であると言われており、同じく北信濃を拠点としてきた真田氏も同じ流れで六連銭を用いるようになったというのが、通説のようです。

六連銭の紋所としての由来は、地蔵菩薩信仰の影響であり、三途の川を渡る渡船賃として死者と供に納棺する六道(天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道)銭よりきているため、信仰的な意味合での使用とされています。

真田氏では当初、馬印(旗印)としての使用が中心で、通常は雁金紋や州浜紋も使用頻度が高かった様ですが、徐々に真田六文銭が真田氏の定紋として確立されていったようです。真田六文銭は上述の通り、真田氏発祥の家紋ではありませんが、主に真田幸村を題材とした、真田三代記などに代表される江戸時代の物語や講談などの影響もあって「六文銭といえば真田氏」というイメージが定着するようになりました。

スポンサードリンク

※「右クリック」→「対象をファイルに保存」を選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

  • カテゴリ0へ
  • カテゴリ1へ
  • カテゴリ2へ
  • カテゴリ3へ
  • カテゴリ4へ
  • カテゴリ5へ
  • カテゴリ6へ
  • カテゴリ7へ

スポンサードリンク